トーションビーム

一般

トーションビーム

とーしょんびーむ

自動車サスペンション形式の一種。車軸式、トレーリングアーム式とも呼ばれる。

主にFF車のリアサスペンションに多く用いられる。


左右のトレーリングアームを、捩れ(トーション)を許容するクロスビームと呼ばれる梁でつなぐことにより、左右の車輪はある程度個別にストロークすることが可能となるため、独立懸架に近い性能と車軸懸架のシンプルさ、それにスタビライザーと同等のアンチロール性能をを併せ持つ。

また構成部品数も少なく必要スペースも小さいため、低コスト且つ耐久性を高くすることが可能である。


以上の利点から、小型〜中型のFF車では主流のリアサスペンション構造となっている。

欠点としてはサスペンションジオメトリーの自由度が低いため、中型以上の高級車、及び走りを重視するタイプの車両には適さない事が上げられる。