トートバッグ

一般

トートバッグ

とーとばっぐ

(英語:tote bag?

通常持ち手が2本ある手持ち鞄。 主に四角い形状をし、鞄上部(天)のみが開口部となっている場合が多い。通常、丈夫なキャンバス生地やナイロン、なめし革などで作られる。内部がジッパーで部分に分けられたものもある。「トート(tote?)」は「持ち運ぶ(carry)」と言う意味で、1900年代になって鞄の名称に使われるようになった。

まちが深く、色々な物が入れられ、薄手の物は折り畳んで小袋に入れ、携帯できる。本来は、氷のブロックを運ぶ目的として作られた。近年、レジ袋削減および環境保護のための「マイバッグ」として使用されている。