スマートフォン用の表示で見る

トーベ・ヤンソン

読書

トーベ・ヤンソン

とーべやんそん

Tove Jansson (1914年-2001年)

画家、挿絵画家、風刺漫画家小説家童話作家1945年に執筆された 『小さなトロールと大きな洪水』を皮切りに「ムーミン」シリーズを発表し、 世界的に高い評価を獲得。国際アンデルセン大賞をはじめ、数多くの賞を受賞した。 1914年8月9日ヘルシンキ生まれ。2001年6月27日ヘルシンキ市内の病院で86歳で死去。

ムーミン公式サイトより(挿入部は他の記述との合成の都合上挿入したもの。)

ちなみに、女性。


フィンランドの作家。作品はスウェーデン語で発表。

経歴

父は彫刻家、母は挿絵画家という、芸術的に恵まれた家庭環境に育ったトーベは、幼いころから芸術家になることを信じて疑わなかったという。

学校時代、雑誌『アッラス・クレーニカ』の子ども欄に自作の挿絵と詩が掲載されたのを皮切りに、15歳の年からは、風刺雑誌『ガルム』にも挿絵や表紙絵がひんぱんに掲載されるようになり、十代の若さで『ガルム』誌の常連画家となる。

その後、1953年に『ガルム』誌が廃刊になるまで、24年間にわたって、500点余りの挿絵と100点余りの表紙絵を描いている。その後スウェーデンに留学し、ストックホルム美術工芸専門学校に学び、それからフィンランド芸術協会が主宰するヘルシンキアテネウム美術大学へ進む。

卒業後、パリに留学。帰国後すぐにフィンランド芸術協会ダカット金貨賞を受賞し、翌年にはフィンランド芸術コンクールで第3位に入賞。画家として本格的な活躍をはじめる。

しかし、そのような折、第二次世界大戦が勃発。風刺画を描いていた『ガルム』誌にも検閲の目が入り、次第に創作意欲も薄れていく。そのような彼女が「一種の逃避として」おとぎ話を書こうと思い立ち、生み出したのが、ムーミン童話の第1作『小さなトロールと大きな洪水』であった。

その後、1970年にいたるまでに、さらに8作のムーミン童話が生み出された。ヤンソンは、これらムーミン童話を中心とした業績が認められて、エルサ・ベスコフ賞、国際アンデルセン大賞、セルマ・ラーゲルリョフ文学賞など多くの賞を受賞。フィンランド芸術家に与えられる最高位の勲章、プロ・フィンランディア勲章も授与されている。