スマートフォン用の表示で見る

トーマス・オマリー

スポーツ

トーマス・オマリー

とーますおまりー

Thomas Patrick O'Malley

MLB選手。プロ野球選手・指導者。

右投左打、ポジションは内野手背番号は1→3番。

1960年12月25日生まれ。米国ニュージャージー州出身。

1982年サンフランシスコ・ジャイアンツMLB初出場。

しかし、活躍は1983年のみと成績は残せなかった。

以後ミネソタ・ツインズに移籍。7年間プレーするもののメジャーには定着できなかった。

1991年、来日し阪神タイガースに入団。

1992年、ジェームス・パチョレックとコンビを組み、快進撃。最高出塁率

1993年首位打者、最高出塁率のタイトルを獲得。

ヒーローインタビューで「阪神ファンはイチバンヤー」の名言を残した。

1995年、ヤクルトスワローズに移籍。セ・リーグ優勝、日本一に貢献。最優秀選手となる。

同年日本シリーズでの、小林宏との14球は、名勝負として語り継がれている。

1996年、現役引退。

1998年、独立リーグニューアークベアーズの監督を務める。

2003年、特命コーチとして阪神タイガースに復帰。

2004年、幻の球団、仙台ライブドアフェニックスの監督に推挙される。

2005年、阪神タイガース駐米スカウトに就任。

阪神タイガース時代に阪神タイガースの歌六甲颪」を歌った。

NPBでの成績

試合出場742 打数2603 安打820 本塁打123 打点488 三振425 打率.315