トーマス・クレッチマン

映画

トーマス・クレッチマン

とーますくれっちまん

Thomas Kretschmann

俳優、男優

略歴

ナショナル・チームの水泳選手として'80年のモスクワオリンピックに出場。18歳の時、徒歩で国境を越えて西ドイツ亡命。アルバイトで学費を稼ぎながら3年間演技学校に通った後、劇団シレーテアーターに加わる。数多くの舞台経験を経て、'91年、TV映画「Der Mitwisser」の主役を獲得。この作品でマックス・オフュルス賞若手男優賞を受賞した。ヨゼフ・フィルスマイアー監督の「スターリングラード」('93年)に主演したことから、国際的スターへの道が開ける。以降、パトリス・シェロー監督の「王妃マルゴ」('93年)、ダリオ・アルジェント監督の「スタンダール・シンドローム」('96年)、アンソニー・ヒコックス監督の「Prince Valianat」('97年)、ジョナサン・モストウ監督の「U-571」('00年)、ギレルモ・デル・トロ監督の「ブレイド2」('02年)など、欧米各国の作品に出演してきた。カンヌ映画祭パルムドールに輝いた「戦場のピアニスト」('02年)では主人公のユダヤ人を助けるナチス将校を演じ、強い印象を残す。

TV映画の出演作には、SFシリーズ「トータル・リコール2070」('98年)の第一話、ロザンナ・アークェット主演サスペンス「ポイズン」('98年)などがある。

主な作品