トーマスマッコイ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

トーマス・マッコイ

とーますまっこい

「近代バーベキューの父」とよばれるアメリカの学者。

BBQの串の具の順番の研究で大変に有名。

栄養のバランスがよくヘルシーで飽きのこない並びを多く提唱した。

このような並び順は現在では「ニューヨークスタイル」と言われている。

ニューヨークスタイルの例

ピーマン・シイタケ・エリンギ・タマネギ・ホタテ
現代の流行を表す際に多用される組み合わせ。野菜が多くヘルシー
ピーマン・タマネギ・タマネギ・タマネギ・タマネギ・タマネギ・オニオン
玉葱ばかりだが玉葱好きにはたまらない串
ピーマン・ウインナー・鶏肉・トウモロコシ・ホタテ
マッコイが提唱したNYスタイルの定番。魚肉の比率が多いが比較的ヘルシーで飽きの来ない並びになっている
ピーマン・エリンギトウモロコシトウモロコシ・鶏肉・なすび
おなすで〆ることで、近代バーベキューの発展の可能性を感じさせる一串。

ダメな例

肉・ピーマン・タマネギ・肉・ピーマン・タマネギ
単調にて愚鈍。こんな串はいまどき収容所でもつくられていない
ピーマン・ウインナー・トウモロコシレンコンエリンギ・エビ
NYスタイルを意識したものだが、ウインナーとエビという組み合わせがダメ。トウモロコシレンコンで追い討ちをかけている。