スマートフォン用の表示で見る

トールキン

読書

トールキン

とーるきん

John Ronald Reuel Tolkien(1892-1973) ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン 「J・R・R・トールキン」とも。

中世文学者。「指輪物語」に代表されるファンタジー作品を執筆、その後のファンタジーの基礎を築いた。

1892年1月23日、南アフリカ連邦(現 南アフリカ共和国)・ブルームフォンテン生まれ。3歳のときに父を南アフリカで亡くし、父母の故郷の町である英国バーミンガムに移り住む。1904年、トールキン12歳の時に母も死去。苦学してオックスフォード大学エクセター・コレッジに入学第一次大戦従軍後、復学し卒業、1919年MA(Oxon)取得。

オックスフォード英語辞典の編集助手を二年間つとめた後、1920年にリーズ大学英語学准教授、24-25年英語学教授。

1925年オックスフォードのペムブルック・コレッジに移り、それから二十年間ロウリンスン大学ならびにボスフォース大学のアングロサクソン語教授。文献学者として論文(『文献学者としてのチョーサー』1934『ベーオウルフ、怪物と批評』1936)で大きな反響を得る。いっぽうで1936年からとりかかって1937年、児童書『ホビットの冒険、あるいは行きて帰りし物語』(『ホビットの冒険岩波書店)を出版。同じく1936年から大人向けの物語『指輪物語』も書き始めた(1949年の脱稿まで13年間かかった)。

1945年オックスフォードで英語学と英文学を講じるマートン教授に就き、1959年退官までその職にとどまる。

1954年、トールキン62歳の年に指輪物語第一部『旅の仲間』ジョージ・アレン&アンウィン社からイギリス版として出版。同年、第二部『二つの塔』、翌1955年に第三部『王の帰還』が出た。アメリカでは1956年ハードカバー版が出版。1965年ペーパーバック版が出されて大ブームとなる(以上、リン・カーター著『ロード・オブ・ザ・リング 『指輪物語』完全読本』(新潮文庫ISBN:4042901018)ならびに評論社刊『指輪物語 追補編』ISBN:4566023605によった)。