トゥンク・アブドゥル・ラーマン

社会

トゥンク・アブドゥル・ラーマン

とぅんくあぶどぅるらーまん

(Tunku Abdul Rahman Putra Al-Haj ibni Almarhum Sultan Abdul Hamid Shah、1903年2月8日 − 1990年12月6日)

マレーシア独立の父」であり、1947年に結成され1957年に独立したマラヤ連邦の初代首相である。1963年にマラヤ連邦サバ州サラワク州シンガポールを加えてマレーシアに発展解消した際に、マレーシア初代首相に就任した。