トキシン

 広く「毒」と言った意味。カビ毒の「アフラトキシン」、フグ毒の「テトロドトキシン」、ウナギアナゴの血液中にある「イクシオトキシン/イクチオトキシン」などが有名。

構造が複雑で生理活性作用をもつ分子が多いことから天然物全合成のターゲットになっているものが多い.