トゴン・テムル

社会

トゴン・テムル

とごんてむる

(Toghon Temür,漢字:妥懽貼睦爾、 1320年5月25日 - 1370年5月23日)

モンゴル帝国元朝)の第15代皇帝(大ハーン?)。廟号は恵宗であるが、明朝による追諡である順帝の名称が使用されることが多い。至正28年(1368年)に大都を放棄してモンゴル高原に撤退したため、『明史』では1368年に帝位を失い、元朝は滅亡したとして扱われる。