スポーツ

トニー・フェルナンデス

とにーふぇるなんです

Octavio Antonio CastroTony)Fernandez

90〜00年代のプロ野球選手。

右投両打、ポジションは内野手指名打者背番号は1→3→1番。


1962年1月30日生まれ。ドミニカ共和国・サン・ペドロ・デ・マコリス出身。

ガスト・フェルナンド・デ・リグネ高校から1979年トロント・ブルージェイズに入団。

1980年、メジャー昇格。

1986年から4年連続でゴールドグラブ賞を受賞するなどメジャーを代表する好守巧打の遊撃手として活躍。

1991年ロベルト・アロマー、ジョー・カーター?との2対2の交換トレードで、

フレッド・マグリフとともにサンディエゴ・パドレスに移籍。

1993年ニューヨーク・メッツに移籍。

1995年、シンシナティ・レッズに移籍し、同年、地区優勝の輪に加わる。

1997年ニューヨーク・ヤンキースに移籍し、ワイルドカードに貢献。

1998年、クリーブランド・インディアンズに移籍。


2000年、破格の契約で西武ライオンズに入団。

主に三塁手指名打者としてドミンゴ・マルティネスの穴を埋める活躍をする。

6月末の時点で打率4割を誇った。

しかし、高年俸と38歳の高年齢がネックとなり、一年で退団。


2001年、ミルウォーキー・ブリュワーズでメジャー復帰。シーズン途中にブルージェイズに復帰。

同年、現役引退

実働17年間で通算2158試合出場、通算7911打数2276安打、92本塁打、844打点、246盗塁を記録。オールスターゲーム出場5回。


2003年、背番号1番がブルージェイズレベル・オブ・エクセレンス準永久欠番)となる。

社会

トニー・フェルナンデス

とにーふぇるなんです

(英:Tony FernandesまたはDatuk Seri Anthony Francis Fernandes,CBE、1964年4月30日 -)

マレーシア人企業家東南アジアを中心にアジア全体を網羅しているLCC(Low cost carrier)であるエアアジア最高経営責任者(CEO)である。