トニー・レヴィン

音楽

トニー・レヴィン

とにーれう゛ぃん

Tony Levin


1946年アメリカマサチューセッツ州生まれ

ジャズ・ロックのベーシスト、スティック・プレイヤー、コントラバス・プレイヤー。

スキンヘッドと口髭がトレードマーク。派手なフレーズ、バカテクなプレイをビシバシするタイプではないが、ゴリゴリとした独特のサウンドと多彩なテクニックを誇る、通好みのミュージシャンである。

1970年代からジャズセッション・ミュージシャンとして活動を始め、1975年頃からロックでの活動も始める。

ジョン・レノンピーター・ゲイブリエルアリス・クーパーらのアルバムに参加し、ベース好きの間で話題になる。

1980年ロバート・フリップの誘いにより、キング・クリムゾン再結成に参加し、一躍有名となる。

1994年キング・クリムゾン再々結成にも参加する。

トニー自身はフリップよりもピーター・ゲイブリエルとの音楽活動を優先している。トニーのスケジュールが空くのを1年待って、自身の音楽活動参加を乞うたゲイブリエルへの男気らしい。

SMAPの『009』に参加したのは、同アルバムのプロデューサーが洋楽好きで、「好きなことをしていいから」と言われて、憧れのミュージシャンを集めたからである。