トニー・ロイ

Tony Roig

60年代プロ野球選手。

右投右打、ポジションは遊撃手背番号は4番。

1927年12月23日生まれ。米国ルイジアナ州出身。

スポーケン高校から1953年ワシントン・セネターズ(現ミネソタ・ツインズ)でMLB昇格。


1963年、若林忠志の招聘で、ジム・バーマジョージ・ウィルソンと共に西鉄ライオンズに入団。

主砲として活躍し1965年オールスターに出場。

1966年ベストナインに輝く。

1968年高木喬菊川昭二郎との2対2の交換トレードで、清俊彦と共に近鉄バファローズに移籍。

同年、退団。