スマートフォン用の表示で見る

トプカプ宮殿

地理

トプカプ宮殿

とぷかぷきゅうでん

トルコ語:Topkapı Sarayı)

15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿。イスタンブル旧市街のある半島の先端部分、三方をボスポラス海峡マルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する。宮殿はよく保存修復され、現在は博物館として公開されているが、15世紀に建設されて以来増改築を繰り返しており、現在見られる姿を保ちつづけているわけではない。