トマス福音書

読書

トマス福音書

とますふくいんしょ

キリスト教の異端派;グノーシス教団の福音書

1945年に『ナグ・ハマディ文書』で発見されたが、もはや現代の聖書学で欠かせぬ重要文献であり、マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネにつぐ「第5の福音書」だと云われている。