トマセロ

マイケル・トマセロ1950年1月18日〜)は認知心理学者。ドイツライプチヒのマックス・プランク進化人類学研究所の所長。

霊長類学や発達心理学、特に言語獲得を専門とする。言語獲得では、認知言語学、構文文法に近い立場を取り、ノーム・チョムスキー生成文法理論を激しく批判している。生得的な言語構造を認めず、発達の初期には個別の語ごとに固定された表現を学習し(動詞島仮説)、そこから徐々に一般化することによって、より抽象的な文法をボトムアップ的に獲得するとしている。トマセロの言語獲得の理論は社会語用論的アプローチと呼ばれ、共同注意(ジョイントアテンション)を初めとする社会的・コミュニケーション的な側面の果たす役割の重視を特徴としている。

2006年5月、Jean Nicod Prize 受賞。

マイケル・トマセロ - Wikipedia