スマートフォン用の表示で見る

トム・ヴァーレイン

音楽

トム・ヴァーレイン

とむばーれいん

1949年12月13日ニュージャージー州生まれ。Tom Verlaine

本名トム・ミラー。ヴァーレインは詩人ヴェルレーヌからとったもの。7歳でピアノ、11歳でサックスを習い始め、14歳でギターを持つ。サウス・キャロライナとペンシルバニアの大学に進んだが、68年ニューヨークに上京。


学生寮で知り合ったリチャード・ヘル、友人のビリー・フィッカと73年ネオン・ボーイズ結成。同年、リチャード・ロイドが加わり、Televisionを結成。パティ・スミス・グループと共にCBGBでプレイした最初のバンドの一つとなる。

テレビジョンは、インディーズからシングル「Little Johnny Jewel」を発表するが、リチャード・ヘルが脱退。代わりにフレッド・スミスが加わり、77年「マーキー・ムーン」でデビュー。78年にセカンド・アルバム「アドヴェンチャー」を発表するもその年の夏「満月の夜にモビー・グレイプを思い浮かべて」というコメントと共に解散。

79年「Tom Verlaine」でソロ活動に入る。