トラクションコントロール からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

トラクションコントロールシステム

とらくしょんこんとろーるしすてむ

自動車の制御機構の一種で、発進時や加速時などに駆動力がタイヤと地面の摩擦力より大きくなってスリップするような場合に、タイヤが空転しないようにコントロールするシステムの事を指す

通称トラコン、またはTCS(Traction Control System)とも呼ばれる。


4輪それぞれに取り付けられた車輪速度センサーがタイヤの空転を感知すると、その情報がセンサーからECUに伝達され、ECUより空転状態を解決するための各種信号がエンジンや駆動系やブレーキに送られる。

近年の電子制御化が進んだ自動車においてはVDCABS、及びその他電子制御や各種安全システムとのECUを中心にした協調運動ネットワークが構築されており、より安全な運転に寄与している。