トランスフォーム断層

サイエンス

トランスフォーム断層

とらんすふぉーむだんそう

トランスフォーム断層とは、1965年海洋底拡大説に基づいてJ.T.Wilsonが提唱した、離れあうプレート境界と直交する横ずれ状の断層のこと。

たとえば南北に走る海嶺の軸が、ある場所で東西にくい違っているとき、このくい違いを生じさせている東西にのびる断層トランスフォーム断層である。トランスフォーム断層のうち、くい違った海嶺の軸にはさまれた部分では断層の両側のプレートが逆向きに運動するため、地震が発生する。しかしトランスフォーム断層のそれ以外の部分では、断層の両側のプレートが同じ向きに運動するため地震がほとんど発生ししない。トランスフォーム断層の多くは海底にあるが、北アメリカ西海岸沿いに1,000km以上にわたってのびるサンアンドレアス断層は陸上にあるトランスフォーム断層であるとされている。