スマートフォン用の表示で見る

トランポリン競技

スポーツ

トランポリン競技

とらんぽりんきょうぎ

現在のトランポリンのルーツは、1936年パイロットの空中での平衡感覚や調整力を養うために

米国のジョージ・ニッセン氏が考案したものである。

布で出来た弾力性のあるシートを鉄の骨で支える仕組みで、飛行機の格納庫に並べて

100人が同時に飛んでパイロットの訓練に使われていたようだ。

 もともと飛び込みと体操選手であったニッセン氏は、組み立て式の トランポリンを開発し

スポーツとしての発展していくことを願い競技としても行われるように

なっていったそうです。 

 日本にトランポリンがお目見えしたのは1959年、日本体操協会の招きで

ニッセン氏と1952年の全米チャンピオンのフランク・ラデュー氏などが来日し

トランポリンの売り込みも兼ねて各地で公開演技を披露したそうです。

1964年には、第一回世界選手権が開かれ、日本でも日本体操協会主催の

特殊種目として全日本選手権大会が始まったというのが現在の大ざっぱな流れになっている。

◇競技のルール

 トランポリン'と聞くと、跳ねる遊具を連想する人が多いと思うが、トランポリンは

れっきとした競技スポーツで、トランポリンには、個人と団体そして2人の選手が2台のトランポリンを

使って全く同じ演技をするシンクロナイズド競技の3つがある。

オリンピックには、このうち個人のみが採用された。

(2000年シドニー大会より体操競技の中の新種目として採用)

トランポリンは、縦4.28メートル、横2.14メートルのベッドと呼ばれる面を

116本のバネ(スプリング)で懸架した上で競技する。

競技は予備跳躍から入り、連続10回のジャンプをすべて違った技を組合わせなければ

ならない。規定演技と自由演技を行い、上位10人が決勝へ進出する。

採点方法は、規定演技は5人の審判が10点満点からの減点法で技の美しさのみを採点し

最高点と最低点をカットした3人の審判の合計点が演技点となる。

着地場所がベッドの中央部分の決められた範囲から出たり、着地の姿勢が乱れると、減点の対象となる。

自由演技では、上限なしで技の難しさのみを加算する難度点を加え、その総合点で競う。

難度点は宙返り4分の1回転ごとに0.1点(1回転で0.4点)

ひねりでは2分の1ひねりごとに0.1点

(360度のひねりで0.2点)に加え、屈伸型などでさらに加点される。


詳細な説明

続きを読む