トリコフィトン・トンズランス菌

サイエンス

トリコフィトン・トンズランス菌

とりこふぃとんとんずらんすきん

白癬菌の一種。新型水虫と呼ばれる。

従来の水虫は足の裏、爪などに発疹などができる場合が多いが、この新型は頭、顔、首など今まで水虫になりにくかった部分でも起きるのが特徴。

「トンズランス」とは、キリスト教修道士がてっぺんを丸く剃る習慣「トンスラ」が語源。

症状

最初に、直径数センチの発疹ができる。ただ、かゆみが弱く、放置されてしまうことが非常に多い。本人も気がつかないうちに、トンズランス菌の保菌者となり他の人に新型水虫をうつしていることが多いとされる。

新型水虫は頭皮にできることもあり、そのままにしておくとフケの量が増え、重症化すると化膿し、毛が抜けることもある。

感染の拡大

元は中南米に生息していたが、1960年代アメリカへ持ち込まれたと言われている。特に擦過傷ができやすい競技の選手間で感染が広がりやすく、柔道、レスリングなどの国際試合を通じてヨーロッパ中に拡大。2000年頃から日本でも感染例が見受けられ、新型水虫と呼ばれるようになった。感染力がとても高く、学生の部活動を通じて感染が広がりつつある。また、家族間での感染例も多数報告されている。

予防

  • 練習や試合後にはできるだけ早く、シャワーを浴びてよく洗う。
  • 柔道着、タオル等は、こまめに洗濯を行う
  • 脱衣所、感染者の部屋はまめに掃除をする