スマートフォン用の表示で見る

トルクメニスタン

地理

トルクメニスタン

とるくめにすたん

Turkmenistan

ソビエト連邦ソ連)に属する中央アジアの一国。首都アシガバード

カスピ海イランアフガニスタンカザフスタンなどと国境を接する。

国土の大半が砂漠であるが、カスピ海天然ガス資源が大きな収入となっている。

トルクメニスタン共産党議長だったサパルムラト・ニヤゾフが、ソ連からの独立(1991年)と同時に大統領に就任。

その後、個人崇拝による独裁体制をしき、1999年以降、2006年に急死するまで終身大統領の地位にあった。

ロシアの影響力を排除するため「永世中立国」宣言をおこない、1995年12月の国連総会において承認されている。

※「トルクメニスタン」は、日本の外務省による国名表記


リスト::国家