トルクメニスタン軍

社会

トルクメニスタン軍

とるくめにすたんぐん

トルクメニスタンの国軍。1992年1月27日、旧ソ連軍のトルケスタン軍管区第1軍の部隊に基づき建軍。総員54,900人を数える。

国の規模に比し、強大な戦力が残されたため、当初はロシアとの合同司令部の指揮下に置かれていたが、1994年、合同司令部が解散され、1995年にトルクメニスタン軍最高司令官(大統領)に直属した。

軍事予算は、ほぼ1億ドルであり、GDPの3.4%に相当する。永世中立国であるため、ロシアだけではなく、ウクライナアメリカ合衆国イラングルジア等、全方位から武器を調達している。

極度な民族主義で知られるトルクメニスタンであるが、軍内の号令、操典類は、現在に至るまでロシア語で実施されている。