トルン

地理

トルン

とるん

ポーランド語:Toruń、ドイツ語:Thorn)

ポーランド中北部?ヴィスワ川のほとりに位置する工業都市で、クヤヴィ=ポモージェ県?県議会所在地。1998年までは旧トルン県の県都であった。1997年旧市街が「中世都市トルン」として世界遺産に登録された。地動説を唱えた天文学者コペルニクスの生地でもある。