スマートフォン用の表示で見る

トレッサ横浜

一般

トレッサ横浜

とれっさよこはま

トヨタ自動車株式会社 (以下、トヨタ)は、横浜市港北区に建設中の自動車関連販売施設(オートモール)と商業施設が融合した、大型複合商業施設トレッサ横浜』の、12月にオープンする「北棟」の出店テナントを発表した。

 『トレッサ横浜』北棟に出店するテナントは、計54店となる。自動車関連はトヨタチャネルの販売店5店舗〔トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店(2店舗)〕ならびにダイハツ販売店が整備工場を併設した形態で出店する。

 また商業店舗は、ファミリーで生活を活動的に楽しむことをサポートする商品・サービスを提供するテナントが出店。床面積1000mを超える大規模な店舗として、ユニクロカジュアルファッション)、セントラルスポーツ(フィットネスクラブ)、ヴィクトリア(ゴルフ用品)、エルブレス(アウトドア用品)、ゼビオ(スポーツ用品)が出店するほか、書店、ファッション、シューズ、雑貨、楽器、アクセサリー、レストランなどの業種から、関東初出店3店、神奈川初出店4店、横浜初出店9店、新業態5店を含む48店が出店する。

 『トレッサ横浜』北棟は、オートモールを主体とした「クルマと愉しむ豊かな生活」がコンセプトである。

お客様に気軽にご来店いただき、豊富なラインナップのなかから最適なクルマをお選びいただくだけでなく、「お買い物ついでにクルマの点検やサービス」もご利用可能な商業施設との融合により、クルマを通した生活の愉しさを再発見いただく施設として開発・建設を進めている。

 「オートモール」は、トヨタが建設する「オートモール」としては関東地区初の施設。全国では岐阜大阪に続き3ヶ所目となる。

 北棟の建物は、横浜市の姉妹提携都市であるフランスリヨン市の街並みの雰囲気を取り入れ、内観では、特に自動車関連が入居する2〜3階部分を吹き抜けとして、レンガ造りの街並みのイメージを再現している。

 『トレッサ横浜』の事業運営は(株)トヨタオートモールクリエイトが担当し、2007年12月の北棟先行オープンに続き、2008年3月に南棟がオープンし、全館オープンとなる。

神奈川県 横浜市 港北区 師岡町 700番地