スマートフォン用の表示で見る

トレド大聖堂

地理

トレド大聖堂

とれどだいせいどう

(サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂、Catedral de Santa María de Toledo)

スペイン王国カスティーリャ=ラ・マンチャ州トレドにあるカトリック大聖堂。現在、トレド大司教座が置かれている(トレド大司教は、スペインカトリック教会の首位聖職者とされている)。

1226年、カスティーリャ王フェルナンド3世時代に建設が始まり、カトリック両王時代の1493年に完成した。その構造は13世紀のフランスゴシック様式の影響を大きく受け、ブールジュのサン=テチエンヌ大聖堂を模したとされる。しかし、ムデハル様式など、スペイン独自の特徴が加わっている。全長120mで幅が59m。