トレンガヌ州

地理

トレンガヌ州

とれんがぬしゅう

ラテン文字: Terengganu, アラビア文字: ترنجانو )

マレーシアの行政区画(州)の一つである。マレー半島東海岸における北部に位置する。レダン島?(Pulau Redang)、プルフンティアン島?(Pulau Perhentian)、カパス島?(Pulau Kapas)もこの州の一部である。中国語では「丁加奴」と記される。15世紀に明の鄭和が寄航した「丁機宜」もここと比定されている。スルターンが治めている立憲君主制をとる。トレンガヌ州のスルターンに対する尊称は「Darul Iman」。州都クアラ・トレンガヌである。