トンマーゾ・ランドルフィ

読書

トンマーゾ・ランドルフィ

とんまーぞらんどるふぃ

小説家翻訳家(Landolfi, Tommaso 1908年1979年

1908年イタリア中南部の小さな町ピーコに生まれる。

トマス・アクィナスに連なる家系とのこと。

フィレンツェ大学に学び、ロシア詩人についての論文で卒業。

小説のほか、日記作品、戯曲、詩、批評など数多くの作品を残している。

ゴーゴリプーシキンノヴァーリスなどの翻訳も手がけた。

優れた文体、豊かな想像力と詩情、知的な物語づくりが高く評価され、ヴィアレッジョ賞、カンピエッロ賞、バグッタ賞など多くの文学賞を受賞。謎に包まれたエキセントリックな人物として知られ、その賭博熱は有名であった。1979年ローマで没。

死後の1982年イタロ・カルヴィーノにより名作短編集が編まれた。