スマートフォン用の表示で見る

ドーベルマン刑事

マンガ

ドーベルマン刑事

どーべるまんでか

昭和50年〜54年に「週刊少年ジャンプ」で連載された、原作:武論尊、作画:平松伸二による刑事アクション劇画

警視庁特犯課のアウトロー刑事・加納錠治が、スタームルガー・スーパーブラックホークを手に凶悪犯罪に挑む。ただし射殺度数は異常に高い。

昭和52年に劇場版映画、昭和55年には「爆走!ドーベルマン刑事」のタイトルでTVドラマ化された。

決め台詞「このド外道が〜〜〜!!」