アート

ドールハウス

どーるはうす

生活空間を縮小したものをコレクションする、あるいは自作する趣味。

起源は、16世紀ドイツにて少女の教育に使われた「おままごと道具」にある。現在のように、精巧なミニチュアとなったのは18世紀のこと。

縮尺には、1/12、1/24、1/48があり、メジャーなのは1/12。

本場は欧米だが、日本にも浸透し、日本家屋や夏祭りのドールハウスを見かける事もある。珍しいものでは、自動車教習所のミニチュアもみられる。

ちなみに、「ドール」とつくものの、人形は無くてもよいらしい。

2004年1月29日にはTVチャンピオンで「ドールハウス王決定戦」が放送されるなど、人気が高まっている。