ドア・イン・ザ・フェイス からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックとは、人間の心理を使った説得技法の一つ。

本命の要求を通すために、最初は断られるような大きな要求を提示し、相手に断らせたのちに小さな(本命の)要求を出す手法

自分が希望する要求が、通常よりも受け入れてもらえやすくなるというもの。


具体例(door in the face technique)

商品を購入しようとする人に「5万円」と提示し、渋る相手に「では3万円で!」と本来自分が希望する価格を提示して説得する。

そうすることで、いきなり「3万円」で売り込む時よりも、要求が受け入れられやすくなるというもの。