スマートフォン用の表示で見る

ドアドア

ゲーム

ドアドア

どあどあ

1983年にPC-8801シリーズ用ソフトとしてリリースされたアクションパズルゲーム

1985年7月18日にはファミコン版(箱には「ファンタジー思考型反射ゲーム」とある)がリリースされた。

−−−

通路と階段などによって構成されたサイドビュー1画面のマップに点在するドアを開き、追いかけてくる敵をその中に入れ、ドアを閉める事で倒す(というかどこか異次元に飛ばすというか)、ゲーム。

マップ上の全ての敵を倒すとステージクリアで、全50面。

チュンソフト取締役である、中村光一の記念すべきデビュー作。