ドイツ工作連盟

アート

ドイツ工作連盟

どいつこうさくれんめい

Deutscher Werkbund の和訳

イギリスに遅れて工業化が始まったドイツでは工業製品の競争力をつける必要があった。ドイツ工作連盟は当初、産業家とデザイナー協働して競争力のある製品を生み出すことを目的として設立され、またバウハウス設立の母体となった。1907年ミュンヘンにおいて建築家ヘルマン・ムテジウスの采配によってイギリスのアーツ・アンド・クラフツ運動をモデルにし、「ソファから都市計画まで」をモットーとして結成され、戦前いったん解散、戦後1949年に再結成された。


1907年 結成

1914年 ケルン

1924年 ベルリン

1927年 シュトゥットガルト展(ヴァイゼンホフ・ジートルンク)

1929年 ブレスラウ展

1934年 実質解散

1939年 解散

1949年 再結成