ドイツ国家人民党

社会

ドイツ国家人民党

どいつこっかじんみんとう

(Deutschnationale Volkspartei?, 略称DNVP?

ヴァイマル共和国時代のドイツ保守ないし右派政党

党史

ドイツ革命がおこりドイツ帝国が崩壊し、また第一次世界大戦ドイツの敗戦に終わった1918年に誕生した。帝政時代の政党ドイツ保守党(Deutsche Konservative Partei?略称DKP?)と自由保守党(Freikonservative Partei?略称FKP?)、そして国民自由党(Nationalliberale Partei?略称NLP)の一部が合流して結成された政党であった。裕福な地主(ユンカー)や実業家などが中心的支持層であった。伝統的で保守的な政策を主張し、富裕層の利益を最優先にする「ブルジョア政党?」であった。ドイツ帝政の復古派も多く、ヴァイマール憲法共和制に反対していた。そのためドイツ社会民主党など穏健左派に支配されたヴァイマル共和国政府に対しては基本的には野党の立場をとっていた。

1925年から1928年頃にはやや穏やかになり、ヴァイマル共和国政府に協力することもあった。しかし1928年には対政府強硬派のアルフレート・フーゲンベルクが党首となったため、同党は再度保守野党の立場へと戻った。一方フーゲンベルクは反君主制論者で帝政ドイツを復活させる意図はないことを明言したため、前党首ヴェスタープ伯爵を含む帝政派保守の党員の大量離党を招いた。離党者たちは保守人民党(Konservative Volkspartei?略称KVP?)を結成する。

1929年世界恐慌が起こると経済危機共産主義の台頭を恐れた財界を代弁するフーゲンベルク率いる国家人民党は、アドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党ナチス党)とフランツ・ゼルテ率いる鉄兜団と「ハルツブルク戦線」と称する同盟関係を結び、パウル・フォン・ヒンデンブルク大統領大統領内閣として成立したハインリヒ・ブリューニング内閣を攻撃した。

1932年6月ブリューニング内閣が崩壊すると、国家人民党はフランツ・フォン・パーペンに協力し、同内閣では国家人民党系の無所属右派が入閣している。パーペン内閣が倒れ、クルト・フォン・シュライヒャー将軍の内閣が成立すると、再びナチスとの提携に動き、1933年1月30日ナチス・国家人民党・鉄兜団・貴族層など保守派右派の連立により第一次ヒトラー内閣が成立した。国家人民党からは党首のフーゲンベルクフランツ・ギュルトナーが入閣した。フーゲンベルク経済相兼農林食糧相、ギュルトナーが法相となっている。しかし1933年6月27日、党首フーゲンベルクが閣僚職を辞任したのを機にヒトラーから圧力をかけられて党は自主解散させられた。党員はナチス党へ移るか政治から身を引くかを選ばされた。

戦後のドイツ連邦共和国西ドイツ)の保守勢力はキリスト教民主同盟(Christlich-Demokratische Union Deutschlands、略称CDU)とバイエルン・キリスト教社会同盟(Christlich-Soziale Union in Bayern、略称CSU)のもとでひとつとなり、中道左派ドイツ社会民主党政権を争っている。そのためドイツ国家人民党のようなポジションの政党与党保守政党よりも国家主義的な野党)というのはドイツ連邦議会には存在していない。1962年に一度ネオナチ系の人々が国家人民党と同名の政党を誕生させたが、まもなくドイツ国家民主党(Nationaldemokratische Partei Deutschlands、略号NPD)と合併して消滅している。