スマートフォン用の表示で見る

ドイツ農民戦争

社会

ドイツ農民戦争

どいつのうみんせんそう

ドイツ農民戦争(どいつのうみんせんそう)

1524年から25年にかけてドイツで起きた大規模な農民の反乱。荘園制の解体による危機を、領主が封建地代強化で打開しようとしたことに始まった。宗教改革運動に呼応していたが、ルターは農民の急進化をみて領主側支持に転じ、戦争は農民の敗北に終わった。