スマートフォン用の表示で見る

ドイツ連邦共和国基本法

社会

ドイツ連邦共和国基本法

どいつれんぽうきょうわこくきほん

1949年に旧西ドイツで制定された事実上の憲法。当初は「憲法」とは呼ばず、東西ドイツ統一までの仮の名称として暫定的に「基本法」と呼ばれた。

1990年10月3日、ドイツ連邦共和国基本法(旧)第23条の規定により旧ドイツ民主共和国の州を「編入」したが、その後「憲法」が制定されていないため「基本法」の名称のまま存続している。