ドゥースブルフ

アート

ドゥースブルフ

どぅーすぶるふ

テオ・ファン・ドゥースブルフ(1883ー1931年) オランダの画家、建築家、芸術理論家。1916年にモンドリアンと出会い、翌年、新造形主義の雑誌『 デ・ステイル』を創刊。20年代にはヨーロッパ中を旅して、「デ・ステイル」のスタイルを広め、ドイツダダイストら当時の前衛芸術家に大きな影響を与えた。1922年にはワイマールバウハウスで教鞭を取り、当初表現主義的であったバウハウスの方針の転換に決定的な役割を果たす。1923年、新造形主義を建築に応用した「デ・ステイル建築」展を開催、25年には『エレメンタリズム宣言』を発表し、「デ・ステイル」の理念絵画を越えて建築や装飾、日常生活の道具類にまでダイナミックに適用することを唱え、モンドリアンと決別する。1931年、モンドリアンカンディンスキーらの『セルクル・工・カレ』に対抗して、『ラール・コンクレ(具体芸術)』を創刊、新造形主義に基づいた一種の工芸運動を称揚する。