ドゥルガー

読書

ドゥルガー

どぅるがあ

ドルーガドゥルーガ」とも。

ヒンドゥーの破壊神;「シヴァ」の暗黒面と対応する女神。

ヴィンディヤー山の住民に崇拝されていた土俗の神で、魔を破り、酒肉を好み、生贄〔サクリファイズ〕を求める処女神であった。「ドルゥガー」の原意は「近づき難い女神」であり、戦さに強く、航海の守護神とも成った。

古い神のインドラが戦さで苦戦したとき、シヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマー・ヴァルナらに援けを求め、怒りの思念が結集してこの女神と化した。そしてこの女神ドゥルガーはアスラの王;「マヒヒャ」を倒したのだという。

美しい女神でライオンを随えているが、正体は醜悪な「チャームンダー」であるし、ドゥルガーが怒れば更に過激な「カーリー」へと移行する。破壊と殺戮を好み、殺した敵の生首や髑髏をアクセサリーにしている、真っ黒な、猟奇的な女神である。

この辺のメタモルフォーゼ(=変身)が、バリ島ジャングルに住む魔女ランダを創案させたか、あるいは似たような存在を習合させた。