スマートフォン用の表示で見る

ドクター・キリコ

マンガ

ドクター・キリコ

どくたーきりこ

マンガ「ブラック・ジャック」の登場人物。

安楽死」を専門とする、れっきとした''医者''である。


安楽死に対する考え方は

ブラック・ジャック(以下BJ)としばしば対立する。

患者は「死にたい」と願えばその手伝いをするのがキリコ

患者が「生きたい」と願えばそれを叶えるのがBJ。

ふたりの黒い医者は患者に対して何を考えているのだろうか?


BJは患者が少しでも生きていれば自分の腕を信じてオペをする。

いわゆる、「諦めの悪い男」だ。

ならキリコは「潔い男」だろう。

しかし、その考えは患者の望みに反するかもしれない。


ふたりの黒い医者(原作)

この話はキリコの登場作品で5本の指に入る作品だろう。

とは言っても、キリコが原作に登場する作品は十にも満たない。

しかしその存在感はとてつもなく、映画「ふたりの黒い医者」にも出演するほどだ。

BJの最大のライバルといっても過言ではない。


この話ではBJの医者としての敗北と

患者を苦しめた自責の念が見られる話だ。

しかしBJは

それでも私は、人を治すんだ!自分が生きるために!!!

この叫びを高笑いしながら聞き流すキリコが印象的な作品だ。


浦島太郎

BJが植物人間の患者を起こす話だが、患者は悲観して死んでしまう。

キリコとBJはうなだれる。

そしてBJはこう叫ぶ。

おれたちはばかだっ!


死への一時間

キリコの失態で患者を殺しかけたが何とか助かった後の会話。

BJ「どうだい大将、人を殺すのと助けるのとではどちらが好きかね?」

キリコ「ふざけるな おれも医者のはしくれだ 命が助かるに越したことはない」

この会話から、キリコはただの「殺人医師」ではなく、人が助かるのを望んでいることがわかる。

この場面は映画「ふたりの黒い医者」にも引用された。

目次