ドクター・ドレー

音楽

ドクター・ドレー

どくたーどれー

1965年2月18日生まれのラッパー

アメリカ・カリフォルニア州出身

ヒップホップ・ミュージックの分野で、最も影響力があり、最も成功し、最も有名なプロデューサーの一人である。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第56位。

アルバム『2001』は、批評的にもセールス的にも大成功した。またアルバム『クロニック』は、発表から4年間、ヒップホップ・ミュージックの主流となり、今日まで影響を与え続けているウェスト・コーストのGファンクの起源として、ヒップホップに革命をもたらしたと云われている。

近年は、ヘッドホンブランド「beats by dr.dre」を設立

2014年アップル社に現金と株式の合計30億ドル(3000億円)でビーツを売却、世界で最も高収入(630億円)のミュージシャンとなった。

(フリー百科事典ウィキペディアの概要から引用)