ドグマ95

映画

ドグマ95

どぐまきゅうじゅうご

デンマークで1995年に始められた映画運動。

映画撮影において不自然な作り事を減らすことによって、ストーリーと俳優の演技に注目させることを意図している。

  1. 撮影はすべてロケーションによること。スタジオのセット撮影を禁じる。
  2. 映像と関係のないところで作られた音(効果音など)をのせてはならない。
  3. カメラは必ず手持ちによること。
  4. 映画はカラーであること。照明効果は禁止。
  5. 光学合成やフィルターを禁止する。
  6. 表面的なアクションは許されない(殺人、武器などは起きてはならない)。
  7. 時間的、地理的な乖離は許されない(つまり今、ここで起こっていることしか描いてはいけない。回想シーンなどの禁止である)。
  8. ジャンル映画を禁止する。
  9. 最終的なフォーマットは35mmフィルムであること。
  10. 監督の名前はスタッフロールなどにクレジットしてはいけない。

以上、10のルールだが、厳密に守らなければ、「ドグマ95」作品を名乗れないという訳ではない。