スマートフォン用の表示で見る

ドグラ・マグラ

読書

ドグラ・マグラ

どぐらまぐら

夢野久作/著

日本一幻魔怪奇の本格探偵小説とうたわれた歴史的一大奇書。世間一般で言われているほどエログロではない。

ドグラ・マグラ」は、昭和10年(1935年)1月、1500枚の書き下ろし作品として、松柏館書店から自費出版された。
<日本一幻魔怪奇の本格探偵小説><日本探偵小説界の最高峰><幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極>とうたった宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだが、常人の頭では考えられぬ、余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばし、今日にいたるも変わらない。
<これを書くために生きてきた>と著者みずから語り、十余年の歳月をかけた推敲によって完成された…(以下略) 夢野久作ドグラ・マグラ角川文庫下 裏表紙より(引用者注:一部表記を改めました)