ドプチェク

一般

ドプチェク

どぷちぇく

Alexander Dubček/アレクサンデル・ドゥプチェク。チェコスロヴァキア共産党第一書記(1968年-1969年)。1921年スロヴァキア生まれ。1939年チェコスロヴァキア共産党に入党。第二次世界大戦後、トレンチーンの党書記局に勤務。1968年チェコスロヴァキア共産党第一書記に就任すると、プラハの春と呼ばれる改革運動を実施する。ソ連および党内保守派の圧力によって翌年、同職を辞任しチェコスロヴァキア共産党籍を剥奪される。1970年トルコ在中大使に任命されるが半年で解任され、秘密警察の監視下で営林署での労働を強いられる。1989年のビロード革命では市民フォーラムを支援し、1992年にスロヴァキア社会民主党の党首に就任。同年の総選挙を経て、チェコスロヴァキア連邦議会議長に就任した。1992年に交通事故で重傷を負い、同年死す。