スマートフォン用の表示で見る

ドラール

医薬品 睡眠薬 催眠鎮静剤,抗不安剤ベンゾジアゼピン系/睡眠障害改善剤

効果が持続する時間が長く、翌朝まで薬の効果を持ち越してしまうことがある。

また、食べ物と同時にとると作用が強くなる(血漿中の成分濃度が空腹時より高くなる)という不思議な副作用があるため、添付文書でも「食物との併用は禁忌」とされている。

[特徴]

睡眠薬として広く使用されている系統です。比較的安全性が高く、効き目もよいので、不眠症の治療には、まずこの系統が使われます。

同類薬のなかでは、持続時間が中〜長時間タイプです。入眠障害のほか夜間に何度も目が覚めてしまう熟眠障害にも向きます。

同類薬と比べ、より自然に近い睡眠パターンを導き、翌朝の不快感も少ないようです。また、中止時の反発症状も少ないとされます。

【使用にあたり】

寝るすぐ前にお飲みください。飲む前にやるべきことを済ませておきましょう。

夜中に一時的に起きて仕事をする場合は、使用しないほうがよいでしょう。

日常的なストレスによる一時的な不眠に安易に用いることには賛成できません。

長期連用時、自分の判断だけで急に中止してはいけません。急に飲むのをやめると、反動でかえって眠れなくなったり、イライラや強い不安感、震えを生じることがあります。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

安定剤抗うつ剤などメンタル系の薬、胃の薬のシメチジン(タガメット)などと併用すると、強く効きすぎたり、副作用がでやすくなります。服用中の薬があるときは、必ず医師に伝えておきましょう。

食後に飲むと、副作用がでやすくなります。就寝前(空腹時)に服用するようにしてください。

飲酒は控えてください。副作用が強まるおそれがあります。また、お茶に含まれるカフェインは、この薬の効果を弱めるかもしれません。寝る前の日本茶コーヒー、紅茶類は控えたほうがよいでしょう。