ドラクエ4 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

どらごんくえすとふぉーみちびかれしものたち

概要

ドラゴンクエストV 天空の花嫁」「ドラゴンクエストVI 幻の大地」と続く、天空シリーズの第1作目でもある。

オリジナルはファミリーコンピュータ用ソフトとして1990年2月11日に発売。

作品の特徴

ドラゴンクエストシリーズのナンバリングタイトルとして唯一の全5章のオムニバス形式となっている。メインキャラクターも8人*2となった。

  1. 王宮の戦士たちライアン
  2. おてんば姫の冒険アリーナクリフトブライ
  3. 武器屋トルネコトルネコ
  4. モンバーバラの姉妹マーニャミネア
  5. 導かれし者たち(勇者[主人公]+上記7人)

また、後の作品にも引き継がれる馬車システムが採用され、各ターン毎に戦闘に参加できるキャラクター4人と控えのキャラクターとを入れ替えることが可能となり、戦術の幅が広がった。

最終5章は主人公である勇者のみプレイヤーが行動選択でき、残りはAIにより自動行動するようになっている。AIの行動パターンは作戦を変更することよりある程度調節できる。AIによる行動や作戦は以降の作品にも引き継がれている。

ただし、AIの行動パターンには粗が多く、期待通りの行動を取らない場合もある。*3

本作からカジノが登場し、前作でも登場したモンスター格闘場に加え、スロットマシン、ポーカーの3つが遊べる。また、ちいさなメダルメダル王が初登場した。

プレイステーション版の特徴

グラフィックスや基本的なシステムは、前年に発売された「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」に準拠。マップは3Dとなり、便利ボタン、アイテムを入れる大きなふくろ、仲間との会話機能、モンスター図鑑などが追加された。

新要素としては、本編クリア後のシナリオ(第六章)や新たなプレイヤーキャラクター・装備、「ドラゴンクエストVII」で採用されていた移民システムが追加されている。さらに、戦闘経験が戦歴として記録され、その戦歴によって主人公たちに称号が与えられるという新要素もある。

AI戦闘の作戦では、「いろいろやろうぜ」の代わりに「めいれいさせろ」が追加され、勇者以外のキャラクターもプレイヤー側で行動選択が可能となっている。

ニンテンドーDS版の特徴

PS版をベースにした移植で、上下2画面を使ってマップやステータス、コマンドがわかりやすく表示されるようになっている。携帯機ということで、その場でゲームを中断できる機能(中断の書)も用意されている。

移民の町では、すれちがい通信を使ってプレイヤー同士で「すれちがい大使」を送り合う機能が追加された。

また、隠しダンジョンのマップがオリジナルのものに変更された。

関連商品

ファミコン

ドラゴンクエストIV

ドラゴンクエストIV

プレイステーション

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ニンテンドーDS

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

*1北米ではDS版とNES((北米ファミコン

*2:加えて、ストーリー上でサブキャラクターが1人入る場合がある。

*3:中でも「クリフトがボスに対してザラキを連発する」などは既に公式でもネタとして使われている程である。

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
目次