スマートフォン用の表示で見る

ドラマツルギー

キーワードの候補

2件

アート

ドラマツルギー

どらまつるぎー

dramaturgy

ドラマの製作手法。ドラマトゥルギーとも。

起承転結の、メリハリの付け方から、細かな人物設定にいたるまで。その方策。テキスト・レベルでの、既なる演出。

古代ギリシア語の「ドラーン」が「ドラマ」の語源で、その意味は「行動する」ということ。

18世紀に百科全書派のディドロが使い始め、18世紀後半にレッシングが『ハンブルグドラマツルギー』を著わしたり、ストリンドベルグが『ドラマツルギー』を著わして、一般化するに到る。

読書

ドラマツルギー

どらまつるぎー

西尾維新の小説『<物語>シリーズ』の登場人物。

傷物語』収録「こよみヴァンプ」に登場。

キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを討伐するため、日本を訪れた三人の吸血鬼ハンターの中の一人。筋骨隆々な大男で、自身も吸血鬼

ギロチンカッターエピソードと共闘しキスショットを破り、彼女の右脚を奪った。