スマートフォン用の表示で見る

ドラムブレーキ

一般

ドラムブレーキ

どらむぶれーき

自動車等の機械全般に広く用いられるブレーキ形式の一つ。

内部が空洞であるドラム(円筒)の内側にブレーキシューを組み込み、内側からドラムに押しつける様にして制動するブレーキ

勘違いされやすいのだが、ブレーキの効き自体はディスクブレーキよりも強力である。

しかし、自己倍力がかかるためコントロール性は良くなく、閉鎖的な構造のため廃熱に問題がある。また、構造上ABSではコントロール出来ないため、四輪自動車では衰退したが、最近になって低価格車の後輪に多く採用されている。

中型までの自動二輪車、原付スクーターなどでは、重量の軽さや部品点数の少なさなどからまだまだ採用されている車種は多い。


:交通用語