ドリップコーヒー

ドリップコーヒー

どりっぷこーひー

挽いたコーヒー豆の上から熱湯を注いでろ過する、ドリップ式でいれたコーヒー。ドリップとも。drip coffee。

概要

ポットやカップの上に載せられた容器(コーヒードリッパー)の中にフィルターを設置し、ローストされた挽きコーヒーを入れる。その上から熱湯を注ぐとコーヒーの成分を吸収しながらフィルターを通過し、下に滴り落ちて(ドリッピング)容器に溜まっていく。使い終わったコーヒーはフィルターの中に留まり、そのまま捨てる事が出来るため後片付けも簡単である。

紙製のコーヒーフィルターは1908年ドイツのメリッタ・ベンツにより発明され*1、そこから普及したとされる。


メリタ アロマ フィルター 1-2杯用 AF-M1X1

メリタ アロマ フィルター 1-2杯用 AF-M1X1