ドルイド教

社会

ドルイド教

どるいどきょう

《druidism》

ガリア・ブリタニアに定着した古代ケルト人宗教ドルイドとよばれる神官を中心に、占いや天文の知識、聖樹崇拝を重視し、霊魂不滅、輪廻の教義を説いた。すべての自然に神が宿るとする汎神論を持つ。