スマートフォン用の表示で見る

ドルビーデジタル

音楽

ドルビーデジタル

どるびーでじたる

ドルビー社の音声高効率符号化方式であるAC-3を使った記録方式。

センター、左右、リア左右、ウーファーといった6本のスピーカーを使い、5.1chのサウンドを楽しめる。*1

もちろんステレオ音声に使うこともできる。


拡張規格

ドルビーデジタルEX(ドルビーデジタルサラウンドEX
ドルビーデジタル(5.1ch)にリアセンター(LC)を加えた6.1ch形式。ドルビーデジタル下位互換性がある。
ドルビーデジタルプラス (DD+)
次世代DVD*2で採用が決定している記録方式。最大7.1chのサウンドが楽しめる。
再生機器にはDD+をドルビーデジタル(5.1ch)に変換する機能が標準搭載され、既存のAVアンプ等でもサラウンド音声が再生できるように互換性が確保される予定。
DD+に完全対応したAVアンプ等は次世代DVDよりも遅れて登場する見込みで、またDD+のデジタル転送にはHDMI Ver.1.3が必須となる。

*1ウーファーには低音域の信号しか含まれていないため0.1chと数える

*2Blu-ray DiscオプションHD DVDは必須記録形式